【開催レポート】TOYAMA IJU LABO. vol.3「移住者のための 漆喰塗り体験&コテージなお店でランチ」

9/23(月祝)【TOYAMA IJU LABO. vol.3「移住者のための 漆喰塗り体験&コテージなお店でランチ」】が開催されました。

富山県に移住してきた方たちのつながりを広げようと転勤ノオトと富山くらししごと支援センター富山オフィスが企画する交流イベントの第3弾。

今回は富山市(旧細入村)で漆喰塗り体験とランチ会を行いました。
漆喰塗り体験を行わせていただいたのはこちらの「髪と生活MUUCHI」さん。
土蔵造りの蔵をリノベーションした美容室です。
こちらの2階部分を現在改装中で、その壁を塗らせていただきました。
左官職人の指導を受けながら行います。
まずは漆喰を練り上げます。砂も入ってとても重く、手では難しいので機械で練ります。
 練りあがった漆喰の感触を確認。
バケツに詰めて、作業場となる2階へ。
まずは床や電気のスイッチなど漆喰をつけたくない場所をテープとビニールで覆います。
そしてみんなで壁に塗っていきます。
写真はすでに終盤となってしまっていますが、平らにムラなく塗るのはなかなか難しく、四方の壁すべて塗り終わるのに1時間以上かかりました。
完成した写真は「髪と生活MUUCHI」インスタグラムページからご覧いただけます。

作業スペースと道具の数が限られていたので、交代しながら作業を行っていきます。
休んでいる方はこちらをいただきました。



実際にお客様に提供している焼き菓子とドリンクのサービスです。焼き菓子はこの店の手作りです。普段あまり口にしないドリンクにもこだわりと特別感を感じます。
(写真は食べ終わる直前に気づいて撮りました。実際は1人2つずつ頂きました。)

そんな時間を過ごしているとちょうどお昼時、ランチの会場へ移動します。

 ランチ会場はこちら「MEWSHIP」さん。
デザイン会社でありながら、カフェ兼ショップを開いています。
主にバスケットボールにかかわるデザインを手掛けており、お店の外にはストリートバスケコートを完備しています。(無料)
さらにレンタルスペースのしているログハウスや焚火スペースがあり、バンドの練習に使われたり、プチアウトドアを楽しむ方もいます。
 カフェの一押しで、今回のランチメニューとなったのがこちらの「ハンバーガー」
ボリュームたっぷりで食べ応え抜群。日本人好みのてりやき味にエッグと100%ビーフパティとハンバーガーの王道です。
カフェ兼ショップの2階部分にはハンモックが設置されており、自由に使うことができます。子供たち大興奮!
焚火スペースも利用しました。焼きマシュマロを作っています。火を囲んで語り合うのもいいですよね。

この日は台風が接近中で開催すら危ぶまれましたが、当日朝に持ち直し、無事開催することができました。
参加者の皆様も、貴重な体験と自然の中でリフレッシュできたようです。
その後、あの美容室に行ってきたという方もいらっしゃったとか。

富山県内でもまだ知らないところはたくさんあり、このような機会に知ることができて、しかも人と人がつながっていく。IJU LABOを開催して私自身もうれしく思います。

次回は11月中旬を予定しております。
詳細決まり次第「TOYAMA IJU LABO」ホームページにて発表します。

ですが、

番外編として11/3(日)舟橋村京坪川河川公園にて行われる「公園フリマ2019」に出展いたします。
「とやまとつながりマルシェ」と題して、県内の地域おこし協力隊有志グループと共に飲食コーナーや富山県全域の地域情報コーナーを設置します。
どんな内容かは当日までのお楽しみ、現在張り切って準備してます。
皆様ぜひお越しください。
(富山県定住コンシェルジュ伊藤)