2018年7月12日木曜日

【参加レポート】暮らす働く富山まるごと相談会2018

7/8(日)東京交通会館ダイヤモンドホールにて「暮らす働く富山まるごと相談会2018」が開催されました。
富山県内全15市町村参加の富山県単独移住・転職フェア。今回で3回目の開催です。
各市町村担当者、先輩移住者に加え、県内企業の人事担当者や先輩社員、また、就農や子育てなどテーマ別の団体も参加し、まさに「富山まるごと」で移住のご相談に臨みました。

各市町村ブースでは、それぞれ個性の際立った装飾が施されていました。
ひときわ目を引く朝日町ブースは、「14歳の挑戦」で中学生たちが作ってくれた特製ガーランドで飾りつけ。あたたかい雰囲気が伝わってきます。

会場のあちこちに、富山オフィスで制作した富山のアレコレがわかる資料も展示しました。
資料情報コーナーには、富山の高低差を表す富山のジオラマ模型(ミニ)。
みなさんが一番気になるところ。みんなの家計簿大公開!(※あくまで参考です)
そしておなじみの富山のジオラマ模型(大)と「とやまの風景」フォトブック。
来場のみなさんに少しでも富山に興味を持っていただけていたら幸いです。

そして今回からは、保育士さんが常駐する託児コーナーも設けられました。
お子さま連れでも安心してご相談の時間を取れたのではないでしょうか。

テーマ別サポートコーナーでは、就農、起業、介護人材募集案内、県職員採用案内といった仕事にかかわるご相談事から、子育て情報、農業体験、移住体験ツアー情報など、みなさんのお悩みに広く対応できるよう、様々な分野から出展していただきました。

各相談ブースでは、先輩移住者や市町村担当者の方と熱心にご相談している様子がみられました。

仕事紹介コーナーや先輩社員との座談会「しごとカフェ」ブースもにぎわっていました。

また、セミナーコーナーでは、富山県知事による富山の魅力紹介も行なわれ、来場者のみなさんもじっくりとお話を聞いていました。

富山県定住コンシェルジュの若林は、富山市ブースで暮らしのご相談を受けていました。
富山市ブースには、「ずっと都会育ちなのであまり田舎すぎないところで…」といった方や、「車がなくても生活できるところで…」といった方からのご相談が多かったようです。

総合相談ブースには、「移住は考えているけれど、どこにいったらいいかわからない」「富山県のことをほとんど知らない」といった方の訪問も。
まず、富山全体のことを知っていただくにはとてもいい機会になったのではないかと思います。
また、昨年この相談会でご相談いただいた方から、移住に向けて着々と進んでいるといううれしいご報告も。ここでの出会いがつながっていると思うと、とても感慨深いものがあります。

受付では先着で「きときとバウム」をプレゼント。こちらも大好評でした。

3回目の開催となった今回の「暮らす働く富山まるごと相談会」は、262組308名の方にご来場いただきました。
この相談会をきっかけに、富山県に興味を持っていただき、足を運んでくれる方が増えるといいなと思います。
実際に見て回る際には、今回顔見知りになった富山で暮らす人々を、どんどん頼りにしていただけるとうれしいです。

スタッフのみなさま、ご来場くださったみなさま、本当にありがとうございました。
(富山県定住コンシェルジュ一条)

今後開催予定の富山県移住関連イベント
7/16(月・祝) 名古屋開催いい街発見!地方の暮らしフェア~移住・交流&地域おこしのススメ~」
7/19(木) 大阪開催とやま移住・転職セミナーin大阪 ~富山県知事と「とやま移住」を語ろう~」
7/28(土)大阪開催「おいでや!いなか暮らしフェア ~ ふるさと回帰フェア2018in大阪 ~」
8/3(金)~5(日) 参加者募集中!「とやま子育て移住体感ツアー」