2018年6月11日月曜日

【参加レポート】とやま帰農塾・笹川塾(朝日町)2日目

とやま帰農塾・笹川塾(朝日町)2日目スタート。
裏の山へ、山菜を採りに行きました。
ヨシナ、フキ、ヨモギ...笹川には山菜が豊富にあり、たくさん収穫してきました。大きなフキは、日傘としても使えました。(笑)
戻って来て、ヨシナの下処理を終えたら、ヨモギの餅つき大会が始まりました。
意外と杵は重たかったのですが、みんなで順番につくと、あっという間に草餅が出来上がりました。でも、その後に草餅の中に餡を詰める作業が難しく時間がかかってしまいました。
できあがったヨモギ草餅はお昼ご飯と一緒にいただきましたが、とっても美味しかったです。残念ながら写真を撮り忘れました。
お母さんたちが作った数々の山菜料理は、美味しくて普段ほとんど食べる機会がないので、箸がとまりませんでした。

そして、山菜の次は、わさびを育てている山に入りました。
わさびの苗を植える経験もさせてもらいました。わさびが山の中のこのような石だらけの水の中で育つなんて知りませんでした。
山の自然の水で育てられたわさびは、立派に育っていました。

戻って来たら、お母さんたちが午前中に採ってきたヨシナを茹でてくれていました。
ヨシナは茹でると、あざやかな緑に変わります。こちらのヨシナは、夕飯の食卓に出てきました。やはり新鮮なものは美味しくていいですね。

続いて、魚屋のおかみさんが本日獲れたての魚の真鯛、ふくらぎ、アジ、甘エビをたくさん持って来てくれて、さばき方を教えていただきました。
皆さん、苦戦しながらも、おかみさんに教えていただきながら、何とかさばくことができました。次回は、一人でさばけるのか不安ですが...

他にも、釣り名人さんが釣ってきてくれたイワナを竹串にさして、炭火で焼きました。
夕飯には、みんなでさばいた刺身の盛り合わせ、イワナの塩焼き、お母さんたちの手作りの山菜料理など、海の幸、山の幸が盛りだくさんでした。
わさびの写真がほんの少ししか映っていませんが、山で採れたてのわさびは、やはり絶品でした。
そして、お話に夢中になり写真を撮り忘れましたが、朝日町笹川に移住してきて約5年になる、コケシュさん一家も一緒に夕飯を囲みました。
ご主人がチェコ出身で、奥様の知子さんは魚津出身で、二人のお子さんがいらっしゃるコケシュさん家族。ご主人としかお話できませんでしたが、今の時期は田植えが忙しく、休みがなくても、笹川での生活に大変満足しているそうです。
コケシュさんが育てたブルーベリーをぜひ食べてみたいです。

今回の初参加した帰農塾では、作業やお話に夢中になったりして、載せたい写真を撮り忘れて反省です。
お母さんたちには、朝から夜まで美味しい料理をたくさん作っていただき感謝しかありません。台所に立っている時間が長くて、とても疲れたと思います。笹川の3人のお母さん、本当にありがとうございました。ぜひとも、笹川のお母さんの手料理を継いで欲しいと切に思いました。
そして、笹川地区の自治振興会長の竹内さんをはじめ、たくさんの地域の皆さんにご協力いただき、親切さや心遣いに触れながら、自然いっぱいの里山生活を体験することができました。
埼玉県から1人で参加されていた30代の女性の方は、この体験ツアーで初めて富山県に来たそうですが、朝日町の笹川を気に入っておられました。やはり実際に来てみないとわからないものですね。(富山県定住コンシェルジュ若林)


0 件のコメント:

コメントを投稿