2018年5月22日火曜日

朝日町に移住定住拠点施設「こすぎ家」オープン!

4月下旬にオープンしたばかりの朝日町の移住定住拠点施設「こすぎ家」を訪れました。泊駅のすぐ目の前にあるので、車だけではなく電車を使っても立ち寄れて、とても利便性がいいとこにあります。
中に入ると......まだ新しい木の香りが漂っていました。
さらに、奥に進むと、庭を眺めたり、庭からの出入りも自由にできるように廊下側は大きなガラス戸になっていました。
また、広々とした座敷まであり、交流の場としても使用できるよう、お安い料金で貸し出しも行っているとのことです。

朝日町は、海と山の両方が存在し、自然があふれる町。車を走らせると、ヒスイ海岸が目に飛び込んできて、思わず立ち止まりシャッターを押してしまいました。
最高の天気で、空も海も真っ青でした!海風も心地よく、海を眺めていると、心が穏やかに気分もリフレッシュできます。やはり、近くに海のある生活って、いいものですね。

そして、海とはサヨナラして、次は山へ。
先ほどの海の景色とはガラリと変わり、山、木々、田んぼや畑......緑いっぱいでのどかな里山 朝日町笹川にある、ふるさと移住交流体験施設「さゝ郷 ほたる交流館」を訪れました。
バーベキューもできて、裏の山にもすぐ行ける、里山での暮らしを体験したい方など、ぜひ活用してはみてはいかがですか。
館長さん一押し、こちらの2階からの眺めが最高!

最後に、百河豚(いっぷく)美術館に寄りましたが、残念ながら火曜日は休館日。
中には入れませんでしたが、外からのこの光景が美しく、こちらを見られただけでも十分満足でした。海、山、自然がいっぱいの朝日町!もっと朝日町めぐりをしたくなりました。(富山県定住コンシェルジュ若林)

2018年5月7日月曜日

魚津市※SODO会議へ

先日、魚津(うおづ)市役所で開かれている「※SODO(こめそうどう)」の集まりに参加して来ました。
※SODOのメンバーは、女性のみ。職種もさまざまで、カメラマン、藍染め職人、webデザイナーにグラフィックデザイナー、飲食店経営、自営業と市役所職員などなど……。ご主人の仕事の都合などで、魚津市に移住されてた県外出身者の方も数名いらっしゃいました。
魚津市では近年、20代30代の女性の人口が減ってきているということで、「魚津で暮らす女性を増やそう」という目的のもと、※SODOが発足しました。
その活動の一環で、ライフスタイルmook「ウオヅとワタシ」を発行しています。
現在までに第3号までが発行され、今回は次回の第4号の製作についての打ち合わせでした。
皆さんそれぞれ、自由に意見を出し合い、女子会のような雰囲気で明るく楽しい打ち合わせをされていました。それぞれの得意分野を生かして活動されていて、次から次へとアイディアが出てきて、魚津の女性のパワーを感じました。
魚津の魅力を発信し、活気あふれる魚津市へ、女性の活躍に乞うご期待!!

その後、今年度から発足した魚津市地域協働課定住応援室と打ち合わせ。こちらも、やる気に満ち溢れたパワーを感じました。お互いに情報共有しながら、魚津市、富山県への定住のお手伝いをしていきたいと思っています。

そして、ちょうどお昼になったので、魚津市でランチ。
魚津駅前にある「海風亭」の海鮮丼をいただきました。新鮮な魚介類がたふんだんに盛られた海鮮丼!平日のランチタイムだと、通常1,300円のところ、1,000円で食べられます!ぜひ一度、ご賞味あれ。

魚津市は、水が豊富で美味しいということで、「東山円筒分水槽」へ。
透明度の高い水が湧き上がっていました。パワースポットとして注目され、訪れる人も多いとか。
こちらの場所は、とてものどかで、片貝川越しの山々の景色は最高でした!
海に行くにも山に行くにも近い魚津市。まだまだ知らないことがたくさん。これから、もっと情報のアンテナを張り巡らせていきたいと思います。(富山県定住コンシェルジュ若林)