2018年9月11日火曜日

【参加レポート】とやま帰農塾・灘浦塾(氷見市)2日目

2日目は、小雨が降る中、夏野菜の収穫からスタートしました。
自然栽培をしている「NICE FARM」さんに行き、収穫の前に、まずオーナーの廣さんより、こちらで行っている自然栽培についてのお話を聞きました。将来、移住して農業をやりたいという方も何名かいらっしゃって興味深く聞いておられました。
いざ、畑に向かい夏野菜の収穫へ。
オクラ、ピーマン、きゅうり、なす、ズッキーニ、唐辛子などの夏野菜を収穫。
今年は暑い日が続き雨が少なかったため、例年よりもだいぶん収穫できる野菜が少ないそうです。
オクラやピーマンは、収穫してその場で生のまま食べても美味しい!
オクラは、みずみずしいし、ピーマンは甘みがありました。皆さん、オクラの試食に手がとまらず何個も食べていました。
こちらは、日本の棚田100選にも認定された「長坂の棚田」があります。もうすぐ稲刈りの時期なので、一面に稲穂が広がっていました。
絶景ポイントからは、棚田の向こうに富山湾、そして晴れていれば立山連峰も一望できるそうです。

続いて、収穫したばかりの新鮮野菜を使って、創作工房ひみのキッチンスタジオで夏野菜カレー&野菜サラダづくりへ。
氷見カレー学会に加盟している飲食店の方から、氷見カレーとサラダに添える2種類のドレッシングの作り方を教えてもらいました。
氷見カレーの特徴は、氷見産の煮干しの出汁を使っているということです。
氷見カレー学会に加盟している各飲食店は、氷見産の煮干しの出汁を使い、それぞれお店独自の氷見カレーを提供しているそうです。
今回は、氷見カレー学会が開発したとっても美味しくできたルーを使っての氷見カレーづくり。皆さんの大好きなカレーとあって、楽しく料理していました。
すりおろした玉ねぎバージョンと、豆乳を使ったバージョンの2種類の手作りドレッシングが、新鮮な野菜をより美味しくしてくれました。
私の盛り付け方が「すごく上手、お店に出せる」と、飲食店の方からも褒められ、思わず大喜びしてしまいました。
美味しくて、次から次へとおかわりしていました。

食べ終わったら、隣にある「ひみ番屋街」などでフリータイム。
こちらは、ブラックラーメンならぬ「ブラックソフト」。イカスミ入りのチョコ味です!(笑)
ひみ番屋街には、富山県や氷見市の特産品がズラリと並んでいます。

ひみ番屋街を後に氷見市立博物館へ移動しました。
職員の方から、氷見の歴史の説明を聞きながら周りました。皆さん、興味あるものに熱心に話を聞いたり見入ったりされていました。

引き続き、移住・定住講座として、氷見市の職員の方、東京から氷見市に移住して来られた竹添夫妻、氷見IJU応援センター「みらいエンジン」の藤田さん、氷見市に2週間ワーキングホリデーに来ている大学生の及川さんからお話を聞きました。
氷見市では、移住定住の相談窓口を民間企業に委託しているのが特徴で、そちらを請け負っているのが氷見市IJU応援センター「みらいエンジン」なのです。仕事探しや住まい探しなど多岐にわたって相談に乗ってくれています。
及川さんの体験レポートは「みらいエンジン」のHPで見ることができます。
竹添あゆみさんはお子さんを抱っこしながら、たくさんの写真とともに、大変満足している氷見での生活をお話してくれました。
4組のお話を聞いた後は、それぞれ個別の質問などで輪ができ、お話がつきず...続きは、塾長の杉木さんのお店である食彩居酒屋「灘や」にて、氷見の美味しい食材を囲みながらの交流会でゆっくりと。

最終日はカヤックや釣り、氷見沖クルージングと海を満喫する体験がありましたが、私の参加はこの2日間で終了。
2日間でしたが、新鮮な海の幸や里山で収穫した美味しい野菜、氷見ならではのお食事をたくさん堪能し、素敵な氷見市を知ることができました。


【参加レポート】とやま帰農塾・灘浦塾(氷見市)1日目

8/31(金)~9/2(日)、2泊3日の日程でとやま帰農塾・灘浦(なだうら)塾が開講されました。
初日はあいにくのどしゃぶりの雨となり、集合場所が急遽変更となりましたが、皆さん無事に集合できました。
海に面している氷見では新鮮な魚が豊富に獲れます。獲れたての魚が届き、早速「魚さばき」体験のスタートです
大漁のかますに、真鯛、シマダイなどなど。
カマスはフライ用と塩焼き用に。真鯛やシマダイなどは、かぶす汁用にするために、民宿のおかみさんから魚のさばき方を習いました。
今まで知らなかった内臓を簡単に取るポイント、開きにするコツも教えてもらい、おかみさんの手慣れた素早い包丁使いに見惚れながらも、それぞれがチャレンジ。
塾生の皆さんは試行錯誤しながらも、数をこなすうちに包丁使いが上達していました。
この開きにしたカマスを後でフライにしたのですが、これは塾生の皆さんにも大好評で、とっても美味しかったです。
続いて、塾生の皆さんが初めての体験の「ところてん作り」へ。
はじめて見る「天草」。ところてんの材料はとてもシンプルで、この天草と酢と水だけで作ることができます。
作り方に、皆さん見入っていました。固める時間が必要なので、翌日の夕飯に食べることに。私は残念ながら途中までの参加のため食べることはできませんでしたが、添加物なしの手作りところてんは、市販のものと違って格別な味わいだそうです。時間がある時に、家でチャレンジしたいと思います。

BBQの予定でしたが、残念ながら雨のため中止となってしまいましたが...
引き続き、大きな厨房がある氷見市漁業文化交流センターで、グループに分かれて夕飯作りに取りかかります。
私のグループは、おにぎり作り。海苔以外に富山ならではの「とろろこんぶ」のおにぎりも作り、小さなお子さんも一生懸命お手伝いしてくれました。
厨房では、焼きそば作りや、かますのフライや野菜炒めを作ったり、能登牛を焼いたりと協力し合って、次々に料理が完成していきました。
こちらは氷見名物の「かぶす汁」。
「かぶす」とは、氷見地方の漁師言葉で分け前のことだそうです。「かぶす汁」は、その日に獲れた旬の魚たちを入れた味噌汁のことをいいます。いろいろな魚介の濃厚なダシが旨みを際立たせていて、皆さんおかわりして食べてました。やはり、獲れたての新鮮な魚であるから、美味しいかぶす汁になるみたいです。

夕飯では、他に氷見牛やカマスのフライが人気でした。氷見には、魚だけではなく、「氷見牛」という極上の黒毛和牛が名物です。全国的な知名度はまだありませんが、最近では氷見牛カレー、氷見牛ハンバーグ、氷見牛コロッケなど、氷見牛を使った商品が続々と登場してきています。

塾生の皆さんは、料理を囲みながら会話もはずみ、お腹いっぱい食べて、とても満足されて1日目を終えました。


2018年8月30日木曜日

移住への一歩がなかなか踏み出せない方へ【富山の“イマ”を体感してみませんか?】

現在、「移住」は雑誌やテレビ番組などでも取り上げられるテーマとなっています。
全国各地の移住情報へは、すぐにアクセスできる時代。
富山県定住コンシェルジュのように、自治体や地域の移住相談員やコーディネーターも多く存在します。
現地での暮らしの話、仕事の話、支援のこと、家計のこと。
数字や言葉で「基本となる」「平均的な」情報はインプットしたぞ。…だけどやっぱり、自分たちがそこで暮らしてやっていけるのか、というのは実際暮らしてみないとわからないものですよね。
ならば実際に暮らしてみればいいじゃない、と言うのは簡単。
不安しかない未知の世界に一歩踏み出すのはとても勇気がいることだと思います。
そこで暮らしていけるかわからない、だけどそこでの暮らしに興味はある…
そもそも仕事はあるの?家はどう探せばいいの?…
移り住むことが本当に自分にとって意義のあることなのか、それを確かめたい…
移り住みたいのだけれど、とにかく不安、できるものなら短期お試し移住したい…
もうほとんど移住は決めてるけれど、なぜだか踏み切れない、もう一押し…!

そんな過渡期のみなさまに、一つのご提案。
「とやま移住旅行」に参加してみませんか?
「とやま移住旅行」は単なる体験ツアーではありません。
【移住者が考えた】
【移住したい人たちの“知りたい”に応える】
【移住者と移住したい人たちをつなげる】
スペシャルなツアーなのです。

現地をご案内するのは、かつて同じような悩みを抱えていたかもしれない移住の先輩たち。
悩みをどんな風に乗り越えたのか、はたまた乗り越えられなかったのか。
富山暮らしのいいところも悪いところも包み隠さず教えてくれます。
生き生きと暮らす移住の先輩たちのお話には、移住後の暮らしを楽しくするヒントもたくさん散りばめられていますよ。

参加したら必ず移住しなければいけない、なんてことはありません。
このツアーでは、たくさんの人たちとの出会いを通して、自分の未来の暮らしを想像してもらえればいいのだと思っています。
富山の今を暮らす人々に、自分の未来を重ねてみてください。
何かピンと来るものがあれば、そこからまた一歩、前へ踏み出せる気がしてきませんか?

1泊2日の日程に、ぎゅうぅっと富山の「くらし」と「しごと」を詰め込んでいます。
名前を覚えきれないほどたくさんの人との出会いがあります。
単なる旅行では得られない数々の体験を通して、数字や言葉以上の、富山の“イマ”をぜひ体感しに来てください。


\\「とやま移住旅行 vol.3」参加者募集中!//
第1回 9/15(土)~9/16(日)「とやまのマチと企業 くらし・しごとツアー」 ※9/8(土)締切
富山市中心部でキラリと光る企業と周辺の生活ゾーンを訪ね歩き、富山のまちなか暮らしを体感します。

第2回 11/10(土)~11/11(日)「とやまの里となりわい くらし・しごとツアー」 ※11/3(土)締切
自然の恵みとともに営む、農家や企業のさまざまな「なりわい」を訪ね、里での暮らしぶりを学びます。

第3回 2019/2/16(土)~2/17(日)「とやまの新・地域ビジネス くらし・しごとツアー」 ※2/9(土)締切
地方での新しいビジネスの始め方や、港町で暮らすことの面白さを先達者から学びます。


お申込方法やツアー詳細については特設サイトをご確認ください。(※各回定員になり次第受付終了)
特設サイトでは、第1回ツアーの内容を公開しています。気になる方はぜひご覧ください。

2018年8月27日月曜日

【移住の先輩たち】朝日町・岩永 豊さん

富山県移住定住促進サイト「くらしたい国、富山」に岩永 豊(いわなが ゆたか)さん(家印株式会社勤務)のインタビューを掲載しました。

滑川市出身の岩永豊さんは大学進学で京都へ。その後、大阪のデザイン会社勤務を経て、朝日町の家印株式会社に出会い、富山にUターン。望んでいた建築の仕事に多忙ながらも、地域のコミュニティを広げ、充実した日々を送っています。


2018年8月21日火曜日

【開催レポート】海辺のビアカフェで楽しくランチ ~とやまIJUカフェ2018 vol.1~

富山県定住コンシェルジュが主催する移住者交流会「とやまIJUカフェ」。
一昨年から始まり、今年は3年目の開催となりました。
富山県に移ってきてまだ年月の浅い方を対象に、食事とおしゃべりを楽しみながらみなさんで交流してもらおうと企画しています。

今年度最初の会は、2018年4月 氷見市(ひみし)にオープンした「Beer Cafe ブルーミン」にてランチプレートとクラフトビールを楽しむ会を開催しました。
海のすぐそばにあるこのお店では、氷見の潮風を感じながら氷見の特産品とコラボしたクラフトビールが楽しめます。

開催は8/11(土・祝)。午前中こそ雨が降っていたものの、開会時間のころには雨も上がり、絶好の海&ビール日和!

今回は富山市、射水市(いみずし)、魚津市(うおづし)、氷見市、南砺市(なんとし)、上市町(かみいちまち)、入善町(にゅうぜんまち)、朝日町(あさひまち)、と富山県内各地からご参加いただきました。
みなさんから自己紹介いただいたところで、「Beer Cafe ブルーミン」オーナーの山本さんからご挨拶。
山本さんも東京から氷見市へUターンしてきた移住者の一人。氷見にビール文化を広げたいと、このお店を開業しました。
参加者の中には、これからお店を開こうとしている方もいたりで、興味津々の様子で山本さんのお話を聞いていました。
(富山県移住定住促進サイト「くらしたい国、富山」で山本さんのインタビューを掲載しています。ぜひご覧ください。
【移住の先輩たち 山本 悠貴さん「氷見を“ビールがある街”に」】)

その後は随時ランチプレートもご用意いただきながら、参加者のみなさんで歓談タイムです。
ブルーミンさん特製のタコライスとピクルスのランチプレート。おいしいお食事でおしゃべりにも花が咲きます。
普段なかなか会う機会がない、市外、町外の方との交流や、お子さまたち、ママたちの交流があちこちで見られました。

車以外で来られた方からは、氷見ならではのクラフトビール「煮干ブラック」にご注文が集中!確かに、どんなお味か気になります。
今回はビールを飲めなかった方にも、また是非、公共交通機関で、または運転手の方を連れて、足を運んでいただきたいですね。

お食事を終えたあとは、参加者の方からPRタイム。ご自身の活動やかかわっているイベントについてご紹介していただきます。
ご自身がインストラクターを務めるコアコンディショニングトレーニングの教室をPR。
射水市内川にオープン予定の「ブリッジバー」をPR。現在古民家を改装中とのこと!
フリーランスママと子育てママとをつなぎ応援する「CocoMama」を主催。魚津市で輝くママたちの活動をご紹介いただきました。
移住してからはじめたパン屋さん「考えるパンkoppe」について。また、様々なテーマで語り合う「考えるときyotte」についてPRいただきました。

「PRしたい方!」と声をかけると、次から次へ手が挙がり、生き生きと活動されている方が本当にたくさんいるんだなと、改めて実感。
今回のとやまIJUカフェでは、新しいことを始めた方、始めようと思っている方が多く集まり、みなさんそれぞれ刺激になったのではと思います。

地元の方にも移住者の方にも言えることかもしれませんが、いくらコンパクトな富山県とはいえ、自分の住んでいる市町村以外のことはあまり知らないという方が多いのではないでしょうか。
この会での出会いが、知らなかった富山を知るきっかけになれていたら主催者冥利に尽きます。

ご近所の「HOUSEHOLD」さんでいただいたスイカジュース。夏でした。

とやまIJUカフェは、今年度あと2回開催を予定しています。
次回以降の開催情報については、Facebookページ「とやま移住」にてお知らせいたしますので、ぜひチェックしてみてください。(富山県定住コンシェルジュ一条)

2018年8月20日月曜日

【移住の先輩たち】氷見市・山本悠貴さん

富山県移住定住促進サイト「くらしたい国、富山」に山本 悠貴(やまもと ゆうき)さん(Beer Cafe ブルーミン代表)のインタビューを掲載しました。

氷見を“ビールがある街”に
たくさんの方から背中を押されてオープンした「Beer Cafe ブルーミン」。クラフトビールと氷見市が大好きなオーナーの山本さんは、「ビールを氷見の文化の一つにして盛り上げたい」と語ります。

2018年8月7日火曜日

ワクワクする空間!「コワーキングプレイス COMSYOKU」オープニングパーティーに参加してきました

先日、高岡市(たかおかし)にできた新スポットのお披露目会にご招待いただき、参加してきました。
やってきたのはコワーキングプレイス「COMSYOKU(コンショク)」。
8/1(水)のグランドオープンを控え、 7/31(火)にオープニングパーティーが開催されました。
高岡市 戸出(たかおかし といで)の大きな国道沿い。富山県民にはお馴染みのスーパー「大阪屋ショップ」の2階(!)という、ちょっと変わった場所にあります。

階段を登って中に入ると、スーパーの2階にいるということを一瞬にして忘れさせられる空間が広がっていました。

パーティーの始めには、オーナーの明石さん(株式会社地域交流センター企画代表)が「COMSYOKU」に込めた想いを語ってくださいました。
2010年に東京から富山に移住してきた当初、知り合いも仕事の伝も何もない状態だったご自身が、その当時求めていた場所こそが、この「COMSYOKU」のようなところだったと言います。
「COM」は、「混」「コミュニティ(community)」「協働(cooperation)」という意味が込められています。
様々な分野のビジネスを展開する人々がお互いの考えをシェアしたり、コラボレーションして新たな事業につなげたり、といった関係をつくることのできる場なのです。
その場に居合わせた人同士でコミュニケーションが生まれていくのは、インターネットカフェとは違うコワーキングプレイスの醍醐味ではないでしょうか。

そんな「COMSYOKU」のオープニングパーティーということで、会場には100名を超える方が集まっていたそう!
乾杯のあとは、それぞれお食事を楽しんだり、名刺交換したり、施設見学をしたり...
ご用意いただいたお食事は、高岡市の「COMMA, COFFEE STAND」さん、南砺市(なんとし)の「Cucina Nobu」さん、そしてドリンクは氷見市(ひみし)の「BEER CAFE ブルーミン」さんから。
彩り華やかでおいしそうです!
7月にオープンしたばかりの「Cucina Nobu」さん。窯焼きピザが美味!
カウンターではクラフトビールの提供も。

「COMSYOKU」にはデスクワークスペースのほかにも、壁面鏡があるスタジオやキッチンも用意されています。フィットネスワークショップや商品開発、お料理教室など、活用方法はさまざま。
設備充実のキッチン。
プロジェクター付き会議室も。
会員制スペースと時間貸しスペースが設けられているので、自分に合った使い方ができそうです。

パーティーでは、早速色々なところで新たな出会いが生まれていた様子。
出会いは自分から動いていかないとなかなか見つからないものですが、ここに来たら何かに出会えそうな、そんな雰囲気のある場所だと感じました。

「COMSYOKU」で育まれたコミュニティから、また新たな富山の魅力が生まれていきそうな予感。今後の動きにも大注目です!(富山県定住コンシェルジュ一条)