2017年10月25日水曜日

【参加レポート】とやま移住旅行vol.2「とやまのヒト、イマ、企業 くらし・しごとツアー」2日目後半

正栄産業さんの見学後は、呉羽地域と岩瀬地域に分かれて散策&ランチ。
私は、岩瀬地域へご一緒しました。

まずは、富山駅からライトレールに乗って終点岩瀬浜駅へ。実際に公共交通機関を利用できるのもうれしいですね。
偶然、案内人の大塚さんも私もライトレール沿線に住んでおり、生活環境についてお話しながらの乗車時間となりました。

岩瀬浜駅には、散策案内人の先輩移住者の徳光典子さんがお出迎え。
徳光さんは、大阪府出身。入善町在住で、岩瀬で紅茶のお店「アナザホリデー」をご主人と開店。毎日、入善町から車で1時間かけて通っているそう。
「遠いなぁ」と感じてしまいますが、徳光さんいわく、
「都会で満員電車で1時間乗るのと違い、車で好きな音楽をかけて1時間通うのは楽しい。苦痛なことはないですよ」とのこと。通勤の心持ちが違うようです。

アナザホリデーへ向かう途中、お向かいに住む大工さんと出会い、お話をうかがうことになりました。
大工の新迫さんも岡山県からの移住者。徳光さんのお子さんも含めた家族のお付き合い。
新迫さんは岩瀬地域の古い建築物にも関わっているそう。

いざ「アナザホリデー」へ。
偶然岩瀬でいい物件が見つかり、ここでの開業を決めたとか。
大工さんに頼むところは頼み、できるところは自分たちでDIY。大工さんたちから腕を見込まれ道具を貸してもらえるほどだったそう。
「お店を始めて徐々に地域の方も足を運んでくださるようになりました。今では、海外のお客様も増えています。お客さんが挙げたインスタグラムを見て訪れるみたいです。」

お店を後にし、岩瀬の風情の感じられる大町通りへ。
北前船の寄港地として発展した町。数年前に街づくりを始め、町並みを整備していきました。

開き戸タイプの大戸(おおど)や竹の簾でできた出格子「簾虫籠(すむしこ)」などの特徴ある造りを復元。外から室内は見えないのですが、中からは見ることができます。

慶集寺の住職河上さんにお話をうかがいました。
河上さんは東京からUターンして、お寺を継いだそう。
お寺の一部をイベントスペースとして開放。
ヨガやイベントを行っており、現在リニューアル中。
「富山県は地球を感じられる場所だと思います。立山連峰を眺めながら生活し、海もすぐそばにある。とても過ごしやすい場所ですよ」と富山県の魅力をお話下さいました。
「地球を感じられる」まさにその通りだと思います。自然との距離が本当に近くに感じられます。

散策をしていると気になるお店が…。
のぞいていると店主の方が出てきてくださいました。
こちらは三味線屋さん。簡単に手作りで三味線を作ったり、ワークショップ、三味線教室を行っています。よく響く音色が町に響きます。
突然の訪問にもあたたかく対応くださるまちの方々。ありがたいです。
近くのお店でランチをいただきながら徳光さんと交流。
冬の間の洗濯事情、入善町での暮らしについてなどなどさらに詳しいお話が進みます。

徳光さんと別れ、バスで移動。呉羽地域メンバーと合流し、まとめの時間。
「たくさんの方からお話を聞くことができ、富山での暮らしがイメージできた」「充実した2日間だった」「旅行ではない視点で富山県を見ることができた」「人のあたたかさに触れることができた」などなどうれしい感想をたくさん聞くことができました。

昨年も感じましたが、本当に多くの移住の先輩たちが関わってくださり、少人数で散策するなど話しやすいので、気軽に気になること、知りたいことを聞くことができる雰囲気です。このような機会があることは、移住希望者の方にとって心強いもの。
富山に移住しようと思った時に「あの時に知り合った人を頼ってみよう」という出会いの場になりました。
今週末は第2回目。富山市内の里山の畜産農家の方々を訪問し、里山での暮らしを体感してきます。またまた濃い内容となりそうです。(富山県定住コンシェルジュ大村)

Facebookアルバムページ

【参加レポート】とやま移住旅行vol.2 「とやまのヒト、イマ、企業 くらし・しごとツアー」1日目前半
【参加レポート】とやま移住旅行vol.2 「とやまのヒト、イマ、企業 くらし・しごとツアー」1日目後半
【参加レポート】とやま移住旅行vol.2「とやまのヒト、イマ、企業 くらし・しごとツアー」2日目前半

0 件のコメント:

コメントを投稿