2017年10月18日水曜日

【参加レポート】とやま帰農塾・ながたん塾(富山市)3日目

10/9(月・祝)とやま帰農塾・ながたん塾(富山市大長谷)は最終日となりました。
宿泊したロッジ(21世紀の森)付近。

塾中お食事でお世話になった村上山荘で朝食をいただいたあとは、キノコ狩りにむかいます。

村上山荘で働いていらっしゃる塚原さんにご案内していただきます。
塚原さんは移住者の一人でもあります。
今回は、一昨年の帰農塾で植菌したなめこを採りにいけるとのこと。
森の中はひんやりした風が流れ、やさしい木漏れ日が降り注いでいました。歩いているだけで癒されます。
至るところに自生しているキノコを発見。ただ、なにかわからないものには触れるべからず。
だいぶ山道を登ったところで、お目当てのなめこにたどり着きました!
普段見るなめこよりもだいぶ大きい!これはもう最後の採り時だそうです。
塾生の皆さんで、このなめこをすべて収穫!
塚原さんに付いてさらに進んでいくと、今度は種類の違うなめこを発見!色が少し濃い目です。
前日のかぼちゃ収穫に続き、こちらも宝探し感覚で「これは食べられる?」と、皆さんキノコ探しに夢中になっていました。

その後車でさらに山の上のほうに移動。この日は気持ちのいい秋晴れでした。
頂上のほうはもう紅葉が始まっているころ。10月の終わりから11月はじめにかけてが紅葉のピークとのこと。

山を降りたら、採ってきたなめこの石突を取ったり洗ったり。
食べられる状態にして、真空パックに入れてお土産にしていただきました。

最後のお昼ごはんは、こちらも移住して来られた方がつくるおそばとマクロビオティックのお店「今日乃庵」でいただきました。
お店の前にはきれいな水が流れ、おいしいおそばを想像させます。
肉や魚を使わない、マクロビオティック料理。素材の味が生きています。
十割そばは風味豊かで抜群の歯ごたえ。

おなかいっぱいいただいた後、とやま帰農塾・ながたん塾は閉講を迎えました。

「生きる力をみがく」というのが今塾のテーマ。
大長谷に住んでいる皆さんは、大長谷にある自然の産物を生かして、自分たちで仕事を作り、自然とともに生きていました。
塾生の皆さんからは、地域の皆さんのパワーを感じた、すべてのプログラムが新鮮で面白かった、また来たいと思えた、といった声がたくさん上がりました。
私にとっては、「生きる力」の意味を考えさせられた2日間。
大長谷は、もっと深く知りたい、と思わせる魅力たっぷりの土地でした。(富山県定住コンシェルジュ一条)


0 件のコメント:

コメントを投稿