2017年7月27日木曜日

富山県初!働くママを支える「mama ofice oyatoco.(おやとこ)」

7/25(火)富山市中心部に新しくできた、富山県初のママのための認可外保育付きワークスペース「mama ofice oyatoco.(おやとこ)」に見学に行ってきました。
7/24(月)にプレオープンしたばかり。
プレオープン前にも見学に行き、建築家の方、保育士の方からもお話を伺いました。

富山駅から路面電車に乗り、10分ほど。
空きビルを活用。元々はオフィスビルなので、保育園を含めた複合ビルにするため、様々な手続きにご苦労されたそう。

理事の安藤さんにご案内いただきました。
写真真ん中が安藤さん。
おやとこ保育園の保育士さんと安藤さんのお子さんと一緒に。

1階は「おやとこworks.」
コワーキングスペース兼カフェ兼地域のコミュニティースペース。
元々は駐車場。大きな窓を作り、明るい室内に。

駐車場と感じさせないように床や壁を塗りなおし設計。
壁の色を奥と手前で変えることで別空間と感じられるように工夫。
少しだけ駐車場の名残が…。
ここに机と椅子を置けば…
良い雰囲気のカフェスペースに。

受付スペース。

カフェには日替わりで2つのお店が入ります。
カフェタイムは、地域の方、周辺にお勤めの方も利用できます。

カフェの横にコワーキングスペース。
可動式の仕切りで区切られています。
集中して作業したい方には奥に個室も。

2階には、企業主導型認可外保育施設「おやとこ保育園」

入り口にはかわいらしいイラスト。「森への入り口」をイメージ。

入り口をはいるとバルコニー。
「もともとは室内でした。そのまま保育室にすることもできましたが、園庭がない分、水遊びなどができる遊べるスペースにしました。」と設計士さん。

たくさんの収納スペースを設け、広々と。
小さな空間は子どもの遊び場。座ったり、滑り台のように遊んだり…。

お昼寝スペース。心地の良い畳敷きに。
窓を開けると、風が吹き抜け、気持ち良い。
道路に面していますが、窓は機密性が高く、締め切ると外の音も気になりません。

15人の小規模保育園。
トイレトレーニングも進めやすいよう、2つのサイズのトイレも設置。
シャワールームも完備。
「1階で働いている途中に授乳にいけたり、子どもの様子を見に来れたり。子どものそばで働けるのが特徴。安心して預けられます」と安藤さん。

3階はシェアオフィス「おやとこoffice.」
9月オープンにむけ、準備中。
10個ほどのブースと真ん中に共有スペースを設けます。
共有スペースでは、会議をしたり、隣のブースの方と情報交換する場に。

4階は貸しスペース「おやとこspace.」
会議やイベント開催場に利用できます。

職場復帰に向けての就業支援も行います。
パソコンスキル、ビジネススキルアップのメニューが。

「すべての『人』が自立し、生き生きと幸せに生きることができる世の中をつくる」を理念にこの施設は立ち上げられました。
「昨年5月にこの企画が始まり、1年で形になりました。ここからがスタートです。
利用される方のニーズ、富山で子育てするママたちのニーズを探りながら、『富山に合う形』を探っていきたいです。
今後は、イベントの開催も考えていければと。地域のコミュニティースペースになるようにと考えているので、ママ向けだけでなく、地域の方も参加できるものをと思っています」と安藤さん。

8/3(木)がグランドオープン。
働くママたちの子育ても働き方も支える新しい拠点となりそうです。
(富山県定住コンシェルジュ大村)

mama ofice oyatoco.(おやとこ)HP
Facebookページ

0 件のコメント:

コメントを投稿