2017年7月31日月曜日

まちの余白に新しい風 うみのアパルトマルシェ(氷見市)

7/17(月・祝)の海の日に、海の見える街・氷見市(ひみし)の中央町商店街で「うみのアパルトマルシェ」が開催されました。
イベント主催の中心となっているのは氷見市の地域おこし協力隊として活動している藤田智彦さん。
シャッター商店街となりつつある中央町商店街に活気を取り戻そうと、「うみのアパルトマルシェ」を企画しました。

「つくろう、まちの余白を楽しむみんなの遊び場」
このイベントのキャッチフレーズには、主催のみなさんと来てくれるお客さん、出店のみなさん、商店街のみなさん、みんなで楽しめる場づくりをしていこうという思いが表れています。

雨予報を吹き飛ばし、当日はじりじりと強い日差しの真夏日となりました。
朝から厳しい暑さでしたが、10時のオープンとともにマルシェ会場にはたくさんの人が!

クラフト作品や、フードブース、お花や野菜の販売ブースなど、さながら外国のマルシェを思わせるようなおしゃれな雰囲気が漂っていました。

来場していたお客さまには、小さなお子さま連れの方もたくさん。
会場には、お子さまも楽しめる芝生広場やお絵かき広場も。
芝生広場はお子さまに大人気!

普段は落ち着いた雰囲気の中央町商店街が、この日は大賑わい。
来場のみなさんはそれぞれお好みの過ごし方でマルシェを楽しんでいました。
私もジェラートでひとやすみ。

今回初開催だった「うみのアパルトマルシェ」は今後、月1回定期的に開催されます。
来場者の方や出店の方、商店街の方に主催者の方。
まちの余白にみんなが集まって、みんなの遊び場をつくりあげていく。
今後も楽しみなイベントがまた一つ、氷見市に誕生しました。
(富山県定住コンシェルジュ一条)

0 件のコメント:

コメントを投稿