2017年7月19日水曜日

【参加レポート】親子で体験 なんと移住体験ツアー

7/15(土)~7/17(月・祝)の2泊3日の日程で、「親子で体験 なんと移住体験ツアー」が催行され、15日のみ参加してきました。
自然が多い富山県の中でも、特に山を近くに感じられる南砺市(なんとし)。
自然のそばで子育てを、と考えていたり、田舎暮らしに興味をお持ちのご家族2組6名の方が参加されました。
ツアーの始まりは、南砺市福光(ふくみつ)地域にある「ログログファーム」さんで野菜収穫体験から。
収穫した野菜をその場でピザにして食べてしまおうという贅沢な企画!
まずはハウスのミニトマトを収穫。たくさんの種類のミニトマトを栽培しています。
ここログログファームさんでは農薬・化学肥料不使用のお野菜や果樹を育てて販売するほか、野菜の収穫体験やピザ作り体験などのイベントも開催しているそう。
採れたてミニトマトをほおばる幸せといったら...

さて次は、外の畑でピーマンやズッキーニ、バジル、インゲンを収穫。ピザに乗せるのを考えるとワクワクしてきます。

早速収穫した野菜を切って、ピザ生地の準備をします。
色とりどりの野菜がきれい。
お子さまたちもピザ生地作りに夢中。
ピザ作りの指導をしてくれたのは、南砺市地域おこし協力隊の井上隊員。
移住・定住のサポートをしているほか、地元食材を生かしたケータリング事業も行う敏腕シェフです。
薪ピザ釜で焼き上げて、採れたて野菜たっぷりのピザが完成!
参加のみなさんでおいしくいただきました。

ピザでおなかいっぱいになった後は、城端(じょうはな)のまち歩きに向かいます。
城端地域には古い土蔵が立ち並ぶ「蔵回廊」や、「越中の小京都」と呼ばれる美しい町並みが続きます。
ゴールデンウィークに開催される「城端曳山祭」(じょうはなひきやままつり)は、ユネスコ無形文化遺産に登録され、たくさんの見物客でにぎわいます。
狭い路地を「ぎゅうぎゅう」と軋む音を立てて曳山が曳かれていくので、通称「ぎゅう山」と呼ばれるそうです。
木彫りの装飾が美しい城端別院善徳寺
地域の歴史や文化を聞きながらまちを散策し、少し城端が身近になった気がしました。

最後には初日のメインイベント、参加者のみなさんと南砺市に移住してきた先輩移住者のみなさんで座談会&交流会が行われました。
今回主体となって企画を担当した南砺市地域おこし協力隊の井上隊員は、3年前移住体験ツアーに参加して南砺市への移住を決めた先輩移住者の一人。
移住の大きな決め手となるのは「人」とのつながり。そんな思いでこの交流会を企画されました。
移住者だからこその苦労話や移住してよかった話など、リアルな体験談を聞ける有意義な時間となりました。

参加者の方も、「南砺市のみなさんはとても温かい人がたくさんですね」とおっしゃっていましたが、本当にオープンで温かいみなさんの人柄が印象的でした。
お子さまたちも初日にしてすっかり馴染んで、元気いっぱいに大人たちと遊んでいました。「地域で育てる子育て」の一部を垣間見たような気分。
私の参加はこの日のみでしたが、のびやかで贅沢な田舎暮らしを少し体験でき、充実した1日となりました。(富山県定住コンシェルジュ一条)

Facebookアルバムページ

0 件のコメント:

コメントを投稿