2017年6月16日金曜日

【参加レポート】6/10(土)地方創生プロジェクト 移住・交流フェア

6/10(土)にベルサール新宿セントラルパークにて「地方創生プロジェクト 移住・交流フェア」が開催されました。

出展自治体・団体合わせて50ブース。
富山県からは「くらしたい国、富山」推進本部、黒部市が出展。
富山県ブース。有楽町オフィス 移住相談員の鯉野。
富山県カラーの緑のカーディガンでお出迎え。
富山県定住コンシェルジュ大村と2人でご相談を受けました。

黒部市ブース。黒部市企画政策課の新保さん。
黒部市の雄大な自然を感じるポスターが目を引きます。

開始早々から両ブースにご相談者さまが。
富山県を移住候補地にされている方はもちろん、「北国のほうに移住したいんだけど…」といらした方も。
移住フェアには「富山県ってどんなところ?」という方も多くご来場されています。
富山県の環境、暮らしについてお話していくと、「いいところだね」「富山県に一度行ってみるわ」とおっしゃってくださいました。

特に驚かれるのは雪について。
「日本海側だからたくさん雪が降るんでしょ?」とよく聞かれます。
実は、富山県内の平野部は思っているほど積もらないんです。また、融雪装置や除雪など雪対策がしっかりされているので、車での生活はもちろん、公共交通機関も大きな影響もなく生活できるんです。
そうお話していくと、「富山の冬も暮らしやすそう」とイメージを持っていただけます。

会場内は、託児ブース、「バルシューレ」というドイツ発祥のボール遊びコーナーもあり、お子さまも無理なく過ごせる空間でした。

各地域の特産品をいただきながらの休憩スペース。
隣で開催されているセミナーの話を聞きながら有意義な時間に。
富山県、黒部市からはこちらのおかき。

閉場までお客さまが途切れることがないほど賑わいを見せました。
富山県を知っていただける良い機会となりました。
(富山県定住コンシェルジュ大村)

【今後のセミナー・フェアの予定】
7/1(土) 【東京開催】TURNSカフェ北陸
7/9(日) 【東京開催】暮らす働く富山まるごと相談会
富山県内15市町村全てが出展、県内企業20社の担当者による企業説明、先輩移住者15名から体験談が聞けるなど内容盛りだくさんの「オール富山」の相談会!
7/29(土) 【大阪開催】おいでや!いなか暮らしフェア

0 件のコメント:

コメントを投稿