2016年10月13日木曜日

【参加レポート】TURNSツアー北陸 高岡市

高岡市は鋳物や漆器などクラフトが盛んなまちです。
土蔵のまち山町筋のはんぶんこは、ものづくりを軸にした複合施設。
奥にある蔵は富山県の工芸品を中心に揃えたセレクトショップです。
高岡漆器の代表的な螺鈿(らでん)細工を体験。
貝殻の内側の光沢を持った部分を薄く削いだパーツを表面に貼る技法です。
小さなパーツを箸に乗せて装飾します。
オリジナルの箸ができました。

昼食は山町茶屋で、おにぎらずランチ。氷見(ひみ)うどんとセットです。
氷見うどんは、富山県の北西に位置する漁業のまち・氷見市の郷土料理。
手延べと手打ち両方の製法を取り入れた、コシのあるうどんです。

モメンタムファクトリーOriiは、銅や真鍮の着色を行なっています。
以前はブロンズ像などの着色が中心でしたが、近年は建材や表札、時計やアクセサリーなど新しい製品作りに取り組んでいます。
化学変化を利用した着色方法について、職人かつ作家の堀内さんから説明いただきました。
意外にも糠や大根おろし、梅干し、稲藁など有機物も使われていることに驚き。
「Oriiブルー」と呼ばれるビビッドな青色の着色を見せて下さいました。
(富山県定住コンシェルジュ竹内)

Facebookページアルバム

→TURNSツアー北陸 金沢市

0 件のコメント:

コメントを投稿