2016年10月31日月曜日

【参加レポート】とやま帰農塾・井波塾1日目(南砺市)

10/28(金)~30(日)の2泊3日でとやま帰農塾・井波塾(南砺市 なんとし)が開講されました。

塾長の杉森さんのお宅に宿泊。
杉森さんのお宅は、築150年ほどの歴史ある家屋。
「カイニョ」と呼ばれる杉を中心とした様々な木々で家を囲み、自然災害から家を守り、昔は薪や薬草など生活必需品を得ていました。
井波塾では、この地域で住む雰囲気、生活空間を体験できるプログラムになっています。

まずは、サトイモの収穫。小雨の中の作業。

杉森さんはサトイモ農家。
一面に広がる里芋。

鋤(すき)で土を起こしていくと、ごろごろと里芋が。
夢中になって掘り起こしました。

コンテナ10箱以上の大収穫!

次は、干しずいきづくり。
ずいきは赤いも(サトイモの種類)の茎。
皮をむき、干す準備。
気持ちよくすーっと皮がむけます。

皮をむいたものはわらを使って干していきます。
四苦八苦しながらなんとかくくれました。

仕上げは縄になってかけていきます。
縄をなうのは難しい…。杉森さんに手取り足取り教えていただき、ようやく完成。

夜は、里芋料理をはじめ伝承料理が並びます。
いとこ煮(サトイモと小豆を煮たもの)、里芋のゆず味噌あえなどご馳走が並びます。

南砺市に移住された高橋さんご夫妻と交流し、話に花が咲きました。
(富山県定住コンシェルジュ大村)

Facebookアルバムページ

とやま帰農塾・井波塾2日目

0 件のコメント:

コメントを投稿