2019年1月25日金曜日

【参加レポート】移住者向け雪道ドライビング講習会

1/23(水)黒部自動車学校にて「移住者向け雪道ドライビング講習会」が開催され、参加してきました。
このイベントは黒部市もしくは魚津市に移住してきて 3 年未満の方が対象です。
黒部市から5名、魚津市から5名の方が参加されました。 
開会の挨拶の後、黒部警察署、魚津警察署の交通課長から両市の事故状況など交通安全についてのお話です。
8号線や旧8号線、スーパーやコンビニの駐車場での事故が多いそう。
また、歩行者の事故は9~3月に集中しているとのことで、特に夕暮れ時は注意しましょうとのことでした。

次は「雪道を運転する時のポイント」についての講義です。
・車に乗る前に心掛けておくこと
・備えておくと便利なもの
・運転時の注意事項
・スタックした場合の脱出方法

と今まで知らなかったことをたくさん教えていただきました。
雪道を運転するには、普段の運転以上に気をつけなければならないことがたくさんあるんだなと感じました。

講義の後はいよいよ実技です。
まずは水を撒いていない普通の路面で30kmのスピードで急ブレーキをかけてみます。
これだけでも普段なかなかできない体験です。
次に水を撒いた鉄板に30kmのスピードで進入し、ブレーキを思い切り踏み込みます。
スタッドレスの車、ABSがついていない車、ノーマルタイヤの車と3台乗り比べました。
それぞれにブレーキを踏んでから停車するまでの距離や感覚が全然違い、こんなにも変わるんだと驚きました。

こちらは写真が少し遠いですが、雪道での坂道発進の体験です。
前日に降った雪を残しておいてくださり、雪道の感覚を味わえました。
雪の坂道で止まると全然進めず、早く進みたいとアクセルを強く踏んでしまったのですが、これがダメなんだそうです。タイヤが空回り…。
教官の指示に従ってゆっくり優しく踏んでとにかく耐えるという動作を続けたところ少しずつ少しずつ車が前に動き、脱出することができました。
私はペーパー暦10年以上。雪道なんてもちろん運転したことがないので、この坂道での体験は今後にとても役立つものになりました。
もし雪の坂道で同じような場面に遭遇したら、今回のことを思い出しながら実践してみようと思います。

実技は2班に分かれて行い、待っているグループはドライブレコーダーの事故映像を見せていただいたのですが、こちらも様々な事例を見ることができ、今後の運転の参考になりました。

みなさん体験が終わられたところで、最後に今回の企画をされた黒部市役所企画政策課移住定住担当の上島(かみしま)さんから閉会の挨拶です。
黒部市に移住をされてきた方の多くが雪道の運転に不安を持たれていることから、この講習会を開いて下さいました。
私は黒部市・魚津市在住ではありませんが、昨年移住してきたばかりで、初めての冬だったので、この講習会が開催されると知った時は是非参加したいと思いました。
取材を兼ねてということで参加させていただきましたが、私のように他の市町村に移住された方も不安に思っている方がたくさんいらっしゃると思うので、対象者の範囲を広げて開催されるといいなと思います。

当日は託児スペース・スタッフも無料で用意され、お子様連れのママさんも安心して参加されていましたよ。

報道陣の方々がたくさん来られ、注目度もとても高かったんだなと思います。
このすばらしい講習会を今後もぜひ開催してほしいです。(富山県定住コンシェルジュ村田)

2018年12月14日金曜日

【開催レポート】とやまIJUカフェ2018 vol.2

12/9(日)富山県定住コンシェルジュが主催する移住者交流会「とやまIJUカフェ」を開催しました。
今年度2回目の会は、2015年5月 入善町(にゅうぜんまち)にオープンした「TREE(ツリー)」さんに会場とお食事をご提供いただきました。
オーナーの米原(よねはら)さんは入善町出身で東京の表参道や渋谷、ニューヨークのレストランなどで料理の腕を磨かれたUターン移住者です。
色鮮やかで豪華なお食事を用意してくださいました。
今回の進行は私、富山県定住コンシェルジュ村田が務めました。
開会の挨拶の後は米原さんのご紹介と米原さんから一言いただき、みなさんの自己紹介です。
乾杯後は歓談タイム。みなさん美味しいお食事と共にたくさんの方との交流を楽しまれていました。
後半はコンシェルジュからのお知らせを一条から。
そして参加者でご自身の活動を紹介したい方にお話していただきました。
まずは魚津市役所の小林さん。
魚津市地域おこし協力隊が運営しているサイト「イクロエタイムズ」についてのご案内。
そして砺波市からお越しの川向(かわむかい)さん。
すどまりとなみ」というゲストハウスをされています。
18時~20時でお開きとしましたが、みなさんお話が盛り上がり、多くの方が21時頃までいらっしゃいました。
楽しんでいただけて何よりです。

今回、予報どおりの雪でうっすらと積もり足元の悪い中、西は砺波市、東は朝日町と各地から23名の方にお集まりいただき、とても賑わいのある会になりました。
私にとってこの仕事に就いて初めての開催、人生初の司会にドキドキでしたが、参加者の方から「この会いいね」「また開催してほしい」とのお声をいただきとても嬉しかったです!
私自身も移住者として4ヶ月目なので、こういう会が開かれることで人とのつながりができるのはありがたいことです。
今年度は2回の開催になりましたが、来年度は回数を増やせたらいいなと思います。(富山県定住コンシェルジュ村田)


2018年12月10日月曜日

【参加レポート】暮らし×ひと×仕事を巡る 南砺をまるっと移住体験ツアー 2日目

2日目は山間部を離れ、町へと向かいます。

朝、出発までに時間があったので、宿の周辺を散策してみました。
気温はなんと2℃。
とても冷え込んでいました。
目の前の山は雪化粧していて、冬の訪れを感じます。
空気が澄んでいて青空が気持ちいい~!
近所のお宅には雪囲いがされていましたよ。
準備万端ですね。
冷え込んではいるものの、爽やかな朝でした。
こういう空気を感じられるのは山間部ならではですよね!

この日は井波という地域を訪れました。
井波は砺波平野の南端に位置し、歴史と文化が息づくまち。
木彫りの里として知られています。
瑞泉寺(ずいせんじ)の門前町として栄えてきました。
ここは瑞泉寺へとつづく八日町(ようかまち)通りです。
彫刻工房が並ぶ石畳の通り。
通りのあちこちに木彫りのものが飾られており、散策が楽しいです。
表札も
バス停も
電話BOXまで木彫り!
こちらは明治22年創業の若駒酒造場。古いまちなみの中にあるのが素敵です。

八日町通りを上りきると瑞泉寺です。
井波彫刻がとても美しく、細工が繊細で感動しました。


散策のあとは南砺市役所の「南砺で暮らしません課」や地元のスーパーを見学し、女性のみ利用できるシェアハウスも見せていただきました。
大きな一軒家で部屋数もたくさんあります。
水周りはキレイにリフォームされており、女性一人で移住を考えていらっしゃる方は最初はこういうところを利用して生活を始めてみてもいいかもしれません。

続いてはランチタイム。
2015年に南砺市に移住してこられた井上さんのお店「クチーナ・ノブ
窯焼きピザなどがいただけるイタリアンレストランです。
オーナーの井上さんと奥様が移住者としてお話してくださいました。
スタッフの方もつい最近南砺市に移住してきたということでお話していただきました。
お料理はどれもとても美味しくて、食べ足りないくらい。
何度でも通いたくなるお店でした!

食事の後は、車窓から福野・福光地域を見学し、「南砺市クリエイタープラザ」へ。
おしごとマッチング交流会です。

クリエイタープラザは東海北陸自動車道城端SA 桜ヶ池ハイウエイオアシスエリア内にあり、オフィスやコワーキングスペース、多目的ホール、オープンスタジオ、展示室、カフェなどがあります。

高台にあり、眺めがいい場所です。
 スキー場には雪が積もっていました。
交流会には建築、製造、介護等市内約10社の企業にお集まりいただきました。
各企業ごとの紹介や募集案内の時間を設け話していただき、その後はツアー参加者が気になる企業のブースへ行ってお話しするというスタイルです。
移住を考える上で仕事は必要不可欠。定年後の悠々自適な暮らしをされるなら別かもしれませんが、若い世代の方々なら生活していくためには働けないと困ります。
みなさん興味を持った企業で真剣に話を聞いておられました。
このマッチング交流会をきっかけに就職、移住につながる方がいらっしゃったらいいなと思います。

今回のツアーは3日間ですが、私はここまでの参加となりました。
南砺市を訪れるのは2回目でしたが、山間部の暮らしを知ることができ、移住の先輩のお話を聞くことができ、学びの多い旅となりました。(富山県定住コンシェルジュ村田)